ワードプレスをベースにしたスマホ対応のLPの作成

通販サイトが増加している現在、他社との差別化を図るには、効率良くオンラインショップを構築して、新商品の情報を直ぐにユーザーに知ってもらえるような仕組みを組み立てていく事が大切です。企業サイトで近年よく使われているのがワードプレスと呼ばれるCMSであり、このCMSはPHPで開発されていますので、ユーザーがアドオンの追加をしたり、独自プログラムを開発して組み込んだりといった拡張が行い易いのが利点です。ワードプレスは、テンプレートを使ってページデザインの変更が行えますので、様々なタイプのオンラインショップを構築するのに適しています。また、スマホ向けのテンプレートを用意しておけば、スマホ対応ページを作る事も可能です。
通販のLPとコーディングを行う場合、シングルページ構成で全ての宣伝コンテンツを埋め込んでいく必要があり、ユーザーがコンテンツを興味を持って読めるようなものに仕上げていく事が必要です。ワードプレスは、MVCアーキテクチャーのコンテンツ管理システムですので、本来はカテゴリー分けをしているオンラインショップのようなタイプのページ作りに適しているツールですが、ランディングページを作成して管理するといった用途にも使えます。テンプレートを別々に管理しておき、ランディングページ毎に適したテンプレートを使うようにする事で、スマホ対応のランディングページを作成・運用・管理が容易になります。スマホ対応ランディングページの場合、レスポンシブデザインであって、縦方向にスクロールさせるといった特徴を持っていますので、パソコンでもスマートフォンでも基本になる部分を共有させるといった事が行えます。
通販向けのランディングページは、起承転結を守りながら、コンテンツをページに組み込んでいった方がユーザーに対して商品説明がしやすく、広告として分かりやすい内容にしていく事が出来ます。何の商品を宣伝しているのかをヘッダ部分から目立つように表現し、どのような効果や効能を持ち、どのような成分が配合されていて注目されているのか、実際に使ったユーザーはどのような感想を抱いたのかなどを掲載していく事で、徐々に商品に興味を持ってもらえるように仕掛けていきます。フッダ部分には、商品を販売しているサイトへ誘導するように、今買えば、お買い得であるという事を顧客に対して訴えかけていくようにして誘導を促していきます。ワードプレスを使う事で、不用になったページを排除したり、効果が見込めないページを廃止したり、新しい表現をしたページを追加したりといった事が自在に行なえます。